社長メッセージ

2022年8月近況

 ロシア・ウクライナ紛争の長期化に伴う資源供給問題、原材料の高騰が、国内/世界経済の低迷に拍車をかけると共に家計への負担も日増しに増えるなか、オミクロン株 BA.5の流行が急激に拡大し、経営としてのかじ取りが以前にも増して難しくなってきましたが、【社員とその家族に幸せを提供する会社】の理念を全う出来るよう、今迄と同様に最善を尽くして行きます。
 当社年度で2022年度3Q (5~7月)を終え、4Qに入りました。厳しい環境下ではありましたが、経営数値目標は予算を達成(1Q~3Q)。年度目標も達成まであと一歩の所まで来ています。また、期首に掲げた各種事業展開も順調に推移しており、それぞれが大詰めを迎えている状況です。残す3ヶ月で成果を得るために社員一同 鋭意推進中です。

2022年度上半期 経営数値実績(2021年11月~2022年4月)

 ネガティブ要素が多い市場/景気動向の中、会社の更なる成長(新規事業への投資と、社員の年収アップに回すための粗利を増やす)に向け、2022年度年間売上目標は前年度実績比 15%増の10.3億円に設定しました。この目標値は9年連続となる過去最高額を更新するものです。
 上半期の売上結果は、予算値を上回る5.1億円で着地(半期ベースで過去最高を更新)する事が出来ました。これは、社員一人一人の知恵と工夫・努力の結果と、私達と共に開発に携わって頂きました設計パートナ社の皆様との協業の賜物です。心から感謝申し上げます。

LSI設計受託事業

 前年度から続くお客様からの増員要求に応えるべく、設計パートナ社の増員と新卒採用者を加え、これまで以上にお客様にご満足いただける設計品質/サービス向上に向け従業員一同努力しております。
 一方で、新規の国内/海外のお客様の要望に応えるためには、まだまだ設計者は不足※1しており、引き続き新卒者の確保、若年層の人財育成に注力してまいります。

※1:国内外共に設計リソースのニーズは高止まり状況が続く中、国内においては、LSI設計者の高齢化と大学/高専の電気・電子工学科の減少によるポテンシャル人員の減少が続き(まるで少子高齢化と同じ局面)、国内のLSI設計者数の減少に歯止めがかからない状況です。微力ながら、当社では設計パートナ社を含め新卒者の採用を強化すると共に 新入社員教育の強化・社内OJD制度や若手中心のOJD成果報告会の実施等に力を注いでおります

ターンキー事業(新規事業の立上げ)※2

 株式会社トッパン・テクニカル・デザインセンター様と進めている新規商談は、お客様のご要望に応えられるようなソリューションの具現化の整備を推進しております。また、お客様との打ち合せに参画させて頂き、より具体的な要望を理解することで、お客様にご満足頂けるソリューションを提供出来るよう誠意努力中です。

 ウエアラブル用途をターゲットとした【AIコア SAMACT】 ※3のソリューションが整い、当社と共にプロモーションに協力を頂ける半導体商社様の摸索と事前打合せを開始しました。当社のソリューション含めたコンセプトと将来の事業ポテンシャルに大きな期待が持てるとの見解が得られ、2022年度下半期に事業提携を前提としたTop Meetingの開催と事業化に向けた計画案の提示を行う予定です。

※2 ターンキーとは、「鍵を回せばすぐに使える」と言う意味の英語表現。自動車はキーを差し込んで回せばすぐに始動するになぞらえたもの。現在、設計フェーズのみを事業主体としている弊社において、「お客様から注文(設計依頼)を受けたら、検査済のLSIデバイスを納品する」事を目指した新たな事業。
※3 AIコア名称【SAMACT】(読み方:サマクト) はメイビスデザイン株式会社の登録商標。(第6508894)。 SAMACTは SAM型 Spiking Neural Networkです

自社製品(新規事業の立上げ)

 当社AIコア SAMACTをベースとした健康寿命の延伸と地域住民のQuality of Lifeの向上を目的とした新規事業は、熊本県内の市町村様をターゲットにプロモーション準備を進めております。

2022年度下半期の見込み

 国内/海外経済の減速、Covid-19の拡大、インフレによる家庭への負担増等、多くの不安要素が続く状況下ですが、従業員の一人一人が幸せを実感できる、仕事にやりがいを感じられる、そんな会社経営を今後も継続していきます。
 また、年度方針で掲げた「社内強化」をより一層強める為に、設計パートナ 2社様と価値創造や人財育成面の協業提案を行い、人財育成の加速や会社間での育成ばらつきを抑え、より多くのお客様のニーズに対応出来る様に進めていく考えです。
 そして、大詰めを迎えている株式会社トッパン・テクニカル・デザインセンター様とのターンキー商談の受注、半導体商社様とのAIコア SAMACTの販売に向けた事業提携、熊本県内の市町村様向け自社製品のプロモーション開始等々、国内外景気の減速不安やコロナ感染拡大不安に負けることなく、当社は、「熊本から世界へ、明るく楽しい未来を提供」出来るよう邁進してまいります。

2022年8月 代表取締役 池田 浩司

このページのTOPへ